2014年東急ハンズ年賀状イラスト

東急ハンズ2014年オリジナル年賀状デザインコンペ入賞作品
東急ハンズの「2014年オリジナル年賀状デザインコンペ」で入賞したイラストです!
午年(うまどし)だったので馬をモチーフのベースとして、そこから発展させてイメージを膨らませました。

とにかく可愛く!”女性らしさ”を感じさせる作品を作りたかった

今でこそ一部で「女子力イラストレーター」なんて言ったりしていますが(笑)、当時は自分のイラストのターゲットを女性に絞り始めた時期で、女性が見た時に「かわいい!」と言われるために必要なことはなんだろう?と色々考えていた時期でした。

僕が今でもずっと大好きなイラストレーターさんの1人に、「蛯原あきら」さんがいらっしゃいます。透き通るような水彩タッチ、線の抜きと塗りのバランスの調和、そして何より特徴的な「Girly」と言われる世界観に今でもものすごく惹かれます。
そんなタッチに魅了され、水彩✕Girlyでチャレンジしたのがこの作品です。

女性らしさ(ガーリー)って何?

マーケティング関連の『ネットで「女性」に売る』という本にもありますが、当時も色々と試行錯誤して調べる中で“現実よりも理想のイメージを魅せる”、というのがなんとなくキーポイントかなという考えに至りました。現実的な世界観よりも、創造的な綺麗な世界のほうが見てて気持ちいいんじゃないかなと、そのくらいの感覚ですが(笑)

このレベル感がどこまで女性に伝わるか、どれだけ普段女性が見ているものを自分自身でも触れているか、これはものすごくアウトプットに表現力として出てきます。

と、色々考えた中で切手の中に広がる幻想的なイメージを描いてみました。
白馬でもめでたさは意識し、紅いスーツとハットを着せ、そこに乗る女の子もハット+振袖姿に。幻想的な雰囲気をより際だたせるため、背景は水彩風で雲や星を落書きのようなイメージで散りばめました。

コンペに入賞!でも反省点は残る

と、いろいろと試行錯誤して自分なりに幻想的な雰囲気を作ってコンペに応募。なんとか無事入賞して、このイラスト年賀状を全国の東急ハンズで販売して頂きました!

今自分自身でこのイラストを振り返ると、先程あげた蛯原あきらさんの「線の抜きと塗りのバランス」がまだまだかなという思いですね。
ここまできっちり色を指定せずに、色相をズラしながら描いていったり、線をもっと消してしまって塗りだけでイメージを表現するのも「夢」や「幻想」のイメージが表現できそうですね。

この内容をきっかけに、ターゲットを女性としたイラストやデザインに力を入れていくようになるのですが、まだまだ高い壁がそこに待っていました…この辺のお話はまた別途書いていきたいと思います!

今だったらどんな風にこのイラストをアレンジするかというのもやっていきたいなぁ~~_(┐「ε:)_